毎日の毛穴ケア 朝のお手入れ方法

毛穴ケア 毎日のケア

 

毛穴は一日ケアしただけでは改善しません。
日々のケアを徹底して、少しずつ改善をするようにしましょう。

 

そして、朝には朝の、夜には夜の適したケアを行う必要があります。

 

まずは朝のケアです。

 

朝の洗顔は水洗顔で十分という人もいますが、毛穴ケアをしたいのであれば朝もしっかりと洗顔料を使ってケアをしましょう。

 

通常の肌質であれば、洗顔は水のみでも大丈夫かも知れません。

 

洗い過ぎによる肌荒れが起こる人もいるので、水洗顔が良いと指示している方も多いでしょう。

 

しかし、毛穴の汚れを改善したいのであれば、水洗顔では足りません。

 

水の洗顔は、あくまで水の力で顔表面の汚れを洗い流すことしか出来ないのです。

 

そのため、毛穴の奥に詰まった皮脂汚れも洗い流すことはできないでしょう。

 

このまま洗顔をしていても、黒ずみを改善することは不可能です。

 

確かに少しずつは汚れは落ちるかも知れませんが、水だけでは落ちしきれない汚れを落とせる洗顔料で洗顔をした方が、より確実に毛穴ケアをすることができるでしょう。

 

しっかりと毛穴ケアをしたいのであれば、水洗顔ではなくたっぷりの泡で洗顔をして下さい。

 

泡洗顔をしたら次はスキンケアです。

 

スキンケアは普段通り、しっかりと保湿をし、乳液で蓋をして、潤いを保持するようなスキンケアを心掛けましょう。

 

丁寧に保湿をすれば、肌内部に水分が満ちて皮脂量も安定します。

 

皮脂量のコントロールができれば、毛穴の酸化も防ぐことができるでしょう。

 

朝だからといって手を抜かずに、丁寧に洗顔をすることが朝の毛穴ケアでは大切なのです。

夜・寝る前のお手入れ方法

スキンケアの本番は夜です。

 

夜に行ったスキンケアは睡眠中に肌に浸透し、高い効果を与えるでしょう。

 

逆に言うと、夜にスキンケアを怠ると肌も綺麗にはなりません。

 

タップリと時間のある夜だからこそ、丁寧にスキンケアをしてみてはいかがでしょうか?

 

夜のスキンケアは、クレンジングからはじまります。
ある程度の年齢になるとほとんどの女性がメイクをしていますよね。

 

クレンジングは絶対に怠ってはいけません。
丁寧にしっかりと、毛穴にメイクが詰まらないようにしっかりと洗い流しましょう。

 

きちんとクレンジングをすれば、その後の洗顔の効果もアップします。

 

洗顔は、しっかりと泡立てた泡で洗うようにしましょう。

 

気になる小鼻や油分の多い部分は、くるくると丁寧に優しく洗い流す様にして下さい。

 

毛穴が気になるからといって指でこすってはいけません。
あくまで泡のみで洗うように、気になる部分は泡でくるくる擦るように洗い流しましょう。

 

 

洗顔料やクレンジングが残っていると肌に悪いので、すすぎは一番丁寧に行ってください。

 

洗顔は、お風呂の一番最後に行うことをおすすめします。

 

浴室で最初に洗顔をしたり、入浴前に洗面所で顔を洗うという人も多いでしょう。
しかし、湯気を浴びると顔に蒸気があたり、毛穴が適度に開きます。

 

このおかげで、自然のスチーマー効果を実感し、毛穴の奥に詰まった汚れも排出しやすい状態となるのです。

 

そのため、洗顔は入浴の最後に行った方がより高い効果を実感しやすいでしょう。

 

 

入浴後は、出来るだけすぐに保湿をして下さい。

 

パックでもオイルでもプレ化粧水でも良いので出来るだけ素早く保湿をすることが大切です。

 

入浴後の肌はどんどん乾燥していきます。

 

タオルで水気をふき取ったら、衣類を着る前に軽く保湿をする癖を付けてください。

 

 

あとは丁寧なスキンケアを行うだけです。

 

夜はローションパックやシートパックで、少し多めに保湿をしても良いかも知れませんね。

 

気になる毛穴や乾燥しやすい目元を中心に保湿をすると、綺麗な肌に近づきます。

 

保湿も、乳液やクリーム等、丁寧にたっぷりと塗って行うようにしましょう。

 

しっかりと保湿をすればするほど、肌に水分が満ちて毛穴レスの肌に近づけるのではないでしょうか?

リピート率No.1毛穴ケア・ビーグレン