毛穴の黒ずみはクレンジングが原因かも?

 

クレンジングオイルが毛穴の黒ずみの原因になっているかも?!

 

クレンジングはメイクの汚れや毛穴の汚れを落とすためのものです。

 

しかし、クレンジングオイルが毛穴の黒ずみを招いてしまう説もあるのです

 

そして、クレンジングオイルが毛穴の黒ずみを招くというのはどういったことなのでしょうか。

 

様々な、クレンジングアイテムのひとつにクレンジングオイルがあります。

 

クレンジングオイルはクレンジングするための成分をオイルに配合しているものです。

 

クレンジングアイテムの中でも最も汚れを落とす効果が高いとされているのです。

 

洗浄力が強力なのは一見良いことですが、台所洗剤などを見ていてもわかるように強力な洗剤は手袋着用で使用しないと指の肌荒れを引き起こしかねないのです。

 

洗浄力が強力であるということは肌への刺激も強いですし、肌荒れを引き起こす可能性があります。

 

肌が刺激されて肌荒れが起きることで、毛穴の黒ずみやつまりも発生しやすくなり、クレンジングオイルの使用が黒ずみにつながってしまうとされているのです。

 

強力な洗浄力でメイクなどの汚れを落としてくれてさっぱりするので、クレンジングオイルは人気のあるクレンジングアイテムです。

 

一方で、洗浄力が強い分リスクもあるということですね。

 

そして、クレンジングオイルの使用をやめると毛穴の黒ずみが改善したという話もあります。

 

 

黒ずみもケアできるクレンジング剤

 

クレンジング自体は肌に必要です。

 

クレンジングオイルと毛穴の黒ずみの関係で、注意したいのはクレンジングアイテムすべてを怖がる必要はないということです。

 

むしろ、メイクの後は、クレンジングアイテムを使わないと洗顔のみでメイク汚れを落とすことはできません。

 

毛穴の黒ずみや角栓汚れなども洗顔のみで落とすことは難しいので、クレンジング自体は必要なのです。

 

クレンジングアイテムにはオイルの他にもクリームタイプやミルクタイプ、さらにジェルタイプなど様々なものがあります。

 

できるだけ肌に優しく、自分に合ったクレンジングアイテムを使用することが望ましいのです。

 

肌に優しい成分や潤いを補給しながらクレンジングできるアイテムも発売されています。

 

洗浄力の強力さを重視せず、肌への優しさに注目したクレンジングアイテムを選ぶようにしましょう。

 

 

洗顔後の引き締め

 

毛穴の引き締めケアについて

 

タイプに合わせて正しく毛穴の引き締めケアを行うことで、毛穴トラブルをケアしていきます。

 

 

開き毛穴を引き締める

 

開き毛穴は「収れん化粧水」でしっかり皮脂対策をすることで毛穴を引き締めます。

 

収れん化粧水は、肌を引きしめて皮脂をコントロールし、肌のきめ細やかさを整える化粧水です。

 

開き毛穴に悩む人は生まれつき皮脂腺が大きくなっていて、オイリー肌の場合がほとんどです。

 

そのため、収れん化粧水を使って毛穴を引き締めましょう。

 

 

収れん化粧水の使い方

 

洗顔後、化粧水や乳液・クリームなどを使ってスキンケアをする。

 

コットンに収れん化粧水を染みこませ、毛穴が気になる部分にパッティングします。

 

そして、パッティングした部分がひんやり感じるまで繰り返します。

 

日中の皮脂対策として、あぶらとり紙を使うのもおすすめです。

 

開き毛穴におすすめの化粧品もたくさんあるので、自分にあった化粧品を使うようにしましょう。

 

怖いのは、肌荒れですスキンケアが目的なのに肌荒れになってしまっては本末転倒です。

 

パッチテストを十分に行って、化粧水を選ぶようにしましょう。

 

本来、肌に優しい化粧水が多いので、肌荒れを起こす人はかなりの敏感肌の可能性があります。

 

肌荒れを起こした場合は、皮膚科などに相談するといいでしょう。

 

リピート率No.1毛穴ケア・ビーグレン