毛穴の詰まり=黒ずみ?

鼻の毛穴 詰まり 正体

 

鼻の毛穴が黒くなっている状態を「黒ずみが詰まっている」と形容しますよね。

 

しかしこの「黒ずみ」が何なのか知らない人も多いでしょう。

 

毛穴の黒ずみの正体は、角栓です。
角栓とは、酸化した皮脂と古い角質が融合したもののことをいいます。

 

黒ずみが出来るのは、肌表面が油分過多になり、皮脂分泌が過剰になったときに起こります。

 

皮脂のせいで毛穴が詰まってしまうのでしょう。

 

そんな状態のまま肌のターンオーバーが遅れてしまうと、毛穴に詰まった古い角質も、皮脂も、十分に除去することができなくなってしまいます。

 

このせいで、皮脂と古い角質が毛穴の中に詰まってしまうのでしょう。

 

これが、毛穴の黒ずみの原因です。

 

ただ毛穴に皮脂が詰まるだけでは黒くはなりません。
詰まった皮脂を除去できないままでいると、どんどん酸化し黒い角質となってしまうのでしょう。

 

皮脂と角質が結びつくと固くなり、形が形成され、簡単に除去することはできなくなってしまいます。

 

肌の為にも、出来るだけ早く改善をした方が良いでしょう。
黒ずみが悪化すると、どんどん固くなり簡単には改善することができなくなってしまいます。

パックは毛穴が開くと言われますが・・

毛穴の黒ずみを改善する方法といえば、毛穴パックが有名ですよね。

 

しかし、毛穴パックは黒ずみが悪化するという説もあります。

 

毛穴パックは本当に黒ずみに良いのでしょうか。

 

そんな毛穴パックについて説明します。

 

毛穴パックをやったことがある人ならわかるかもしれませんが、パックをすると驚くほどの角質が取れます。
ごっそりと綺麗に角質が取れると、ついつい癖になってしまいますよね。

 

毛穴パックは、とても効果が分かりやすく手軽に行える角質除去方法なのです。

 

どれだけとれたのかがわかりやすいので、ついついやりたくなってしまう人も多いでしょう。

 

また、毛穴パックをしなければどんどん角質が溜っていくのでは?と不安に思ってしまう人もいるかもしれません。

 

確かに角質が詰まった状態ではニキビになったり肌トラブルが起こってしまうでしょう。

 

 

しかし、毛穴パックは無理やり角質を除去しているのです。

 

肌にパックをし、そこかで無理やり剥がす様な勢いで角質を除去しているので、肌に負担がかかります。

 

また、毛穴パック後の肌はとても乾燥した状態になっているでしょう。
そのせいで水分不足になり、肌の水分不足を補うために皮脂分泌を過剰に行い、また黒ずみに発展するという悪循環に陥ってしまう可能性もあるでしょう。

 

毛穴パックのし過ぎもいけません。
肌に強い負担をかけてしまうので、多くても週に2回程度にして置きましょう。

 

また、時間も毛穴パックに記載している時間を守るようにして下さい。

 

毛穴パックの時間が長すぎると、綺麗にはがれないどころか張り付いて肌の表面部分まではぎ取ってしまうかも知れません。

 

長時間パックをしたとしても良いことはないでしょう。
肌の為にも適切な時間を守って行うようにして下さい。

 

角質はそこまで頻繁にたまりません。
なんとなく気付いた時に行うくらいでも十分なのです。

 

 

毛穴パックは確かに強引な角質除去方法ではありますが、正しく使うことでしっかりと毛穴を綺麗にすることができます。

 

もし毛穴パックを使うときは正しい使い方を学び、肌に負担を掛けないようにして下さい。

蒸しタオルやお風呂で

毛穴パックをする上でおすすめしたいのが、蒸しタオルで顔を温めた後、もしくは入浴中です。

 

蒸しタオルは濡れたタオルを電子レンジで数分温めれば簡単に作ることができます。
蒸しタオルで肌を温めた後に毛穴パックを行えば、毛穴も十分開いている状態なので、毛穴に負担をかけることなく角質を除去することができるでしょう。

 

お風呂の中も同じです。
湿気が多い場所なので肌も乾燥しにくく、湯船の蒸気で毛穴を開くことができるでしょう。

 

スチームをしながらの毛穴パックも良いですし、スチームが無い場合は60度程のお湯を洗面器に入れて簡易スチームを作っても良いかも知れませんね。

 

毛穴パックは閉じた角質から無理やり角質を抜く方法です。
そのため、そのままの状態で毛穴パックをすると毛穴が開きやすくなってしまうでしょう。

 

毛穴を開かせた状態で毛穴パックを行えば、無理に毛穴をこじ開けることもありませんし、綺麗に角質を除去することができるのではないでしょうか。

最後は化粧品で締める!

毛穴パックで一番大切なのが、パック後のスキンケアです。

 

毛穴パックをした後は肌に負担も掛かっていますし、肌が乾燥しやすい状態でもあります。

 

そのため毛穴パック後はスキンケアを徹底するようにしましょう。
乾燥しやすい頬や目元はもちろん、毛穴パックをした鼻部分もしっかりと保湿をする必要があります。

 

きちんと保湿をしなければ、肌が乾燥し、乾燥を補うために油分がたくさん分泌されてしまうでしょう。
このままではせっかく角質を除去したのに、また油分のせいで毛穴が詰まってしまいます。

 

また、開いてしまった毛穴を閉じるためにはスキンケアが不可欠です。
十分なスキンケアをしなければ、毛穴が開いたままになり、汚れが入り込みやすい状態になってしまうのです。

 

せっかく毛穴パックで綺麗になった素肌をスキンケアで守るようにして下さい。

 

 

パックをした後は、まずは洗顔をしましょう。

 

毛穴パックの成分が残らないように、いつもより少し丁寧に洗顔をすると良いでしょう。

 

普段の洗顔料を使って洗っても良いですし、肌が傷むと感じるようであれば水洗顔でも十分です。

 

優しく丁寧に洗うことが、パック後の肌の労わりに繋がるでしょう。

 

 

パック後に不可欠なのが、化粧水での保湿です。
化粧水は一番簡単な保湿方法です。
丁寧にパッティングをすれば、どんどん肌に水分を送りこむことができるでしょう。

 

毛穴パック後は鼻を中心に保湿をして下さい。
鼻の保湿をたっぷりと行うと鼻がテカってしまうのではと不安に思う方もいるかも知れませんが、化粧水程度の保湿で鼻がテカることはありません。

 

むしろしっかりと保湿しないと、どんどん油分が出て来てしまうでしょう。

 

毛穴パックとスキンケアはワンセットです。
毛穴パックだけで満足しないで、パック後のケアも重点的に行うようにして下さい。

リピート率No.1毛穴ケア・ビーグレン