毛穴の黒ずみはクレンジングで解消!おすすめは?

クレンジング

毛穴の黒ずみはクレンジングで解消しましょう。

 

肌に優しい上にメイクをしっかり落としてくれるのがクレンジング剤です。

 

その中でもバームと言う種類がオススメです。

 

バームは医師監修の元で、肌に負担が少ないクレンジングとして誕生したのです。

 

オイルのクレンジング剤を使っている人が多いと思います。

 

オイルは汚れが落ちやすい反面、刺激がきつくてオイルの成分が残ってしまいます。

 

ですから、肌トラブルを起こしやすいクレンジング剤ということですね。

 

一方、バームは肌に負担が少なく、メイクも落ちるのでオススメです。

 

使い方はしっかり手の平で温めてなじませるようにして使います。

 

肌の弱い人でも使える優しいものが多いのがポイントです。

 

クレンジング剤選びに悩んでいる人は、一度は使って欲しいのがバームなのです。

 

オススメのクレンジングバームはDUOクレンジングバームです。

 

クレンジングってこんなに肌に優しく出来るの?と使ってみてこういった感想を持つ人が多いです。

 

手の温度でなじませるととろけてメイクがシッカリ落とせます。

 

さらに、毛穴の黒ずみを解消してくれて、保湿をしてくれるクレンジングなのです。

 

一度使ったら、手放せなくなるクレンジング剤ですよ。

 

 

一般的なクレンジング剤は毛穴が黒ずみやすい

 

毛穴の黒ずみは「洗いすぎ」が原因になっていることが多いようです。

 

過度の洗顔やクレンジングほど肌や毛穴をダメにするのです。

 

「毛穴の黒ずみができる=“洗いすぎ”」と考えて間違いないでしょう。

 

洗いすぎが毛穴の黒ずみを生む

 

毛穴の黒ずみを生む原因は、ほとんどの場合が洗いすぎです。

 

具体的には、過度の洗顔やクレンジングということです。

 

どうして「洗いすぎ」が黒ずみの原因になるのでしょうか。

 

黒ずみができるのは毛穴が荒れてしまうせいです。

 

洗顔とクレンジングは肌や毛穴を簡単にダメにしてしまうのです。

 

毛穴の黒ずみの9割は「洗いすぎ」によるものと言ってもいいでしょう。

 

そして、わかっていても誰もが「洗いすぎ」に陥っているのです。

 

だからこそ、肌に詳しい人たちは口を揃えて「洗いすぎるな!」と警告しているわけなのですね。

 

今時「汚れをしっかり落としましょう」ということを勧めているのは、洗顔料やクレンジング剤の広告文くらいなものといってもいいでしょう。

 

「洗顔のしすぎと言われても普通に洗っているだけなんだけど…」と感じる人もいるかと思います。

 

しかし、その「普通」が実はやりすぎの洗顔であることが多いということなのです。

 

 

正しいクレンジング選び

 

毛穴の黒ずみ除去に使うクレンジングと洗顔です。

 

肌に優しく汚れがしっかり落ちるものがオススメといっていいでしょう。

 

クレンジング剤でメイクがしっかり落ちないと汚れが残ったままになります。

 

そうなると、黒ずみの原因につながるのは言うまでもありません。

 

アイメイクは専用のリムーバーを使った方が良いでしょう。

 

それは、取れなくてこする方が危険だからです。

 

そしてメイクを落とすには界面活性剤が入っているものを使う事が多いと思います。

 

洗顔石けんは界面活性剤が入っていない優しいものを使うようにしましょう。

 

そうすることで、少しずつ肌が元気になって来ると思います。

 

ピーリングやクレイ洗顔を入れて即効で毛穴の黒ずみ対策をするのは早計です。

 

早め早めにキレイにするのではないのです。

 

時間を掛けて段階を踏んでいくことで毛穴の黒ずみは治るのです。

 

どうしても、即効性を求めてしまいがちになると思います。

 

それは結果としてまた同じ位置に戻ってくる事を意味しているのです。

 

毛穴の黒ずみは急にできたのではなく、時間をかけてできています。ですから、時間をかけて治さないときれいにならないということですね。

 

そのためにも肌に優しいクレンジング剤を持続的に使っていくことが大切なのです。

リピート率No.1毛穴ケア・ビーグレン