黒い毛穴は押し出してもいいの?

気になる黒い毛穴。

 

ついつい押し出してしまっていませんか?
ちょっと押したら出そうだから…とピンセットや爪で押し出したくなってしまいますよね。

 

しかし、無理に押し出してしまうと肌や毛穴が傷ついてしまい、赤みが生じたりニキビができる原因になってしまいます。

 

黒い毛穴を押し出したところで、肌の状態を改善することはできません。
むしろ肌状態が悪化する可能性のほうが高いでしょう。

 

黒い毛穴は決して押し出してはいけません。

 

毎日綺麗に洗顔をしていても、黒い毛穴が目立ってしまう場合はあります。

 

日々角栓や皮脂がたまり、紫外線などで酸化したり汚れがつまり、少しずつ黒い毛穴は悪化していくのです。
たとえ洗顔をしたとしても、毛穴にこびりついてしまった黒い毛穴は簡単に改善することはできないでしょう。

 

人によっては、悪化した黒い毛穴が悪臭を放ち、体臭が悪化してしまうことだってあるのです。

 

しかし、黒い毛穴をそのままの状態にしておいてもいけません。
毛穴が詰まったままだとどんどんニキビができやすい状態になり、肌荒れが起こってしまいます。

黒い毛穴の正体

気になる毛穴の黒いぶつぶつ。

 

気づいたらできていますが、これの正体はいったい何なのでしょうか?

 

イチゴのようなぶつぶつ毛穴になってしまう黒い物体の正体はいくつかに分かれています。

 

たとえば酸化した角栓。

 

毛穴が開いているとどんどん角栓がつまり、毛穴をふさいでしまうでしょう。
そんな角栓が蓄積すると、少しずつ酸化していきます。

 

食用の油でも、そのままにしておくとどんどん黒くなりますが、それと同じ原理です。

 

角栓の皮脂はもともと透明の色ですが、空気に触れるとどんどん酸化が進行してしまうのです。
そのせいで黒くなり、肌表面で目立ってしまいます。

 

 

次にメラニン。

 

メラニン色素は日焼けの原因ともいわれていますが、黒い毛穴の原因でもあります。

 

毛穴の奥の肌はすべてつながっています。
そのため、肌内部の毛穴の奥にメラニンが蓄積すれば、毛穴を通して肌が黒く見えてしまうでしょう。

 

特に毛穴の奥の肌は何重もの層になっているので、よけい黒さが目立ってしまいます。

 

メラニンは紫外線が一番の原因ですが、皮脂のつまりが原因で生じる場合もあります。

 

日焼け対策はもちろん、皮脂対策もしなければどんどんメラニンが蓄積してしまうでしょう。

 

 

最後に毛穴の影です。

 

毛穴回りの細胞がどんどん繁殖すると、角化異常が起こってしまいます。
このせいで毛穴の出口がどんどん広がってしまい、影となり黒く見えてしまうのです。

 

これも、肌状態が悪化したせいで起こる現象でしょう。

 

 

どの症状でもいえることは、肌状態が悪化していると黒い毛穴が発生するということです。
綺麗な毛穴を保ちたければ、肌質改善をし、綺麗な肌を保つようにしましょう。

黒い毛穴をきれいにするには?

綺麗な毛穴を保ちたければ、きちんとしたスキンケアが重要です。
特に洗顔はとても大切でしょう。

 

しっかりと洗顔をすることで、肌状態が改善され、皮脂も詰まりにくくなり、毛穴も黒くなりません。

 

そこでおすすめの洗顔料が、肌ナチュールです。

 

肌ナチュールは炭酸美容液でクレンジングを行える、新しいタイプの洗顔料です。
これだけで炭酸ケアやクレンジング、洗顔などの効果を実感できるので、肌に必要以上に負担をかけることなく肌ケアをすることができます。

 

炭酸の泡は、毛穴ケアに高い効果を発揮してくれるでしょう。
古い角質にまで浸透しどんどん汚れを除去してくれるので、つるんとした肌状態となりくすみも改善することができます。

 

使い続けることで、どんどん透明感のあるクリアな肌へと導いてくれるのではないでしょうか。

 

また、ヒアルロン酸やコラーゲンなどがたっぷりと配合されているので、保湿しながらクレンジングが可能です。

 

洗顔&クレンジングとして肌ナチュールを使用した後は、泡パックとして使うことができます。
素の状態になった肌に肌ナチュールを使うことで、より炭酸の刺激を直に感じることができ、しゅわしゅわの刺激で毛穴状態を改善することができるでしょう。

 

気になる毛穴の黒ずみを改善したい人は、肌ナチュールを使ってみてください。

リピート率No.1毛穴ケア・ビーグレン