年齢別

赤ちゃんの毛穴

赤ちゃんの肌はびっくりするほど艶々!

 

毛穴なんて一切見当たらない、潤っていてこれぞ毛穴レス肌!という感じですよね。

 

しかし、毛穴の数は大人も赤ちゃんもほとんど変わらないみたいです。

 

外気に触れ、さまざまな刺激に晒され、長年生活をしていくうちに、毛穴は汚れ、開き、広がってしまうのです。

 

赤ちゃん程とは言いませんが、10代も綺麗な毛穴状態ですし20代もまだまだ毛穴の開きは目立たないでしょう。

 

けれども、若くても毛穴に対する悩みはたくさんあります。

 

毛穴の悩みは、年齢によってどのような違いがあるのでしょうか?

 

 

年齢別・毛穴の悩み

 

〜20代前半までの毛穴

 

10代から20代前半まではまだまだ毛穴が綺麗で目立ちませんよね。

 

悩みなんてなさそうに思われるかもしれませんが、悩んでいる人もいます。

 

たとえば小鼻の角栓つまり、黒ずみ、開き…

 

若い世代は皮脂の分泌量が多く、毛穴が詰まりやすくなっています。

 

そのため皮脂のせいで角栓が詰まってしまったり、吹き出物が出る可能性もあります。

 

ニキビが気になるせいで過度の洗顔をしてしまい毛穴が傷ついてしまうこともあるみたいですね。

 

また、若い頃は知識不足。

 

毛穴の黒ずみが気になるせいでついつい頻繁に毛穴パックをしてしまったり、ピンセットで角栓を取ってしまうと、どんどん毛穴が広がり将来困ることになってしまうかもしれません。

 

〜30代までの毛穴

 

20代後半から少しずつ、頬等の毛穴が開き目立ってきます。

 

もちろんこの世代でも若くきれいな毛穴を保っている人もいますが、綺麗な状態を保つのは昔ほど用意ではありません。

 

メラニンが増え、肌の弾力が衰え、保湿成分が不足するせいで少しずつ毛穴はたるみ、開き、目立ってきます。

 

老化に背を向けず、足りない成分をたっぷりと補うことがこの世代の毛穴ケアの必須事項でしょう。

 

〜50代

 

40代50代になると、肌の急速な老化を感じるでしょう。

 

シミも増え、しわが目立ち、肌もどんどんたるんでしまいます。

 

30代のうちにしっかりとケアをしていなければ、老化はどんどん食い止められないほど進んでしまうでしょう。

 

20代の頃の半分にも満たない保湿成分、肌内部の栄養状態では、美しい毛穴を維持することはできません。

 

肌のためにもアンチエイジングを欠かさず行い、たっぷりと保湿をして、美しい肌を保つように努力をしてみませんか?

リピート率No.1毛穴ケア・ビーグレン