外出前にやるべきこと

お出かけ前の毛穴ケア

屋外 毛穴ケア方法

 

毛穴ケアをしたいのなら日々のスキンケアから!

 

特に日中は毛穴が開くきっかけを作ってしまう時間です。

 

外出前にちょっとした毛穴ケアを行うだけでも、毛穴の開きを抑えることが出来るかもしれません。

 

まず、外出をする前はスキンケアを念入りに行いましょう。

 

夜のスキンケアは念入りにする人が多くても、朝はおざなりになってしまう方も多いですよね。

 

時間のない朝ではありますが、普段の朝のスキンケアの積み重ねが、毛穴の開きを抑えてくれるのです。

 

朝のスキンケアは、たっぷりと化粧水を送り込むところから初めてください。

 

何度も何度も水分を補うことで、化粧ノリもアップしますし毛穴も引き締めることが出来るでしょう。

 

何度も何度も重ねることで毛穴が開く隙を隠します。

 

下地を塗ったら肌をいったん冷やすんもおすすめです。

 

肌を冷やすと毛穴がきゅっと引き締まって、日中の毛穴の開きを抑えることが出来ます。
ファンデーションが毛穴に詰まるのも防げるでしょう。

 

保冷剤や氷は直接肌につけると刺激が強すぎるので、タオルやティッシュ等で包んでから冷やすようにしてください。

 

朝のケアをしっかりと行うだけでも、かなりの毛穴対策につながります。

 

毛穴は開いてからふさぐのではなく、開く前に対策を取りましょう。

メイクで気をつけるポイント

朝のスキンケアは毛穴ケアにおいてとても大切なことですが、メイクももちろんとても大切です。

 

メイクで毛穴を隠すことはもちろん、毛穴の開きを食い止めることも出来ます。

 

まずは、化粧下地です。

 

下地はさまざまな種類がありますが、毛穴改善効果の高いものがおすすめです。

 

毛穴を隠し目立たなくする商品のなかには、毛穴に入り込みつまりを悪化させるものもあるので注意をしましょう。

 

一番大切なのは、毛穴を目立たせないことではなく、皮脂を吸収し毛穴の開きを抑えてくれる商品です。

 

特に日中長い時間つけている下地は、入念に選ぶようにしましょう。

 

また、油分が付きすぎると毛穴が開く原因となってしまいます。

 

下地を塗って肌になじませた後は、ティッシュで軽く油分をなじませるようにしてください。

 

 

紫外線対策も毛穴ケアには欠かせないことです。

 

紫外線を浴びると、毛穴に詰まった皮脂が酸化し、黒ずみになってしまう可能性があります。

 

日焼け止めを塗ってからベースメイクに取り掛かったり、UVカット効果の含まれているベースメイクを使うようにしましょう。

 

コンシーラーは毛穴隠しには欠かせないアイテムです。

 

しかし、塗りすぎると厚塗りになり目立つ場合があります。
また、毛穴に入り込んで逆に毛穴が目立ってしまう可能性もあるでしょう。

 

厚塗りしないためにも、肌よりワントーン暗めの色で丁寧に叩き込んでください。

 

少量ずつ、少しずつ叩き込むようにすれば、厚塗りを防ぐことが出来ます。

 

 

ベースメイクが完了したら、最後にブラシで余分な粉を落とすと良いでしょう。

 

塗りすぎると乾燥したり、毛穴が目立ってしまう可能性があります。

 

最後に軽く粉をオフするだけでも、肌馴染みが良く、綺麗な肌に仕上がるのです。

リピート率No.1毛穴ケア・ビーグレン

関連ページ

洗顔
鼻の毛穴の黒ずみが気になる人に一番おすすめしたいのが「洗顔」です。 実は、洗顔をしっかりと行うだけでも十分鼻の毛穴の黒ずみを改善することができるでしょう。
毛穴の詰まりケア
鼻の毛穴が黒くなっている状態を「黒ずみが詰まっている」と形容しますよね。 しかしこの「黒ずみ」が何なのか知らない人も多いでしょう。
角栓
気になる毛穴の角栓は、毎日のケアで除去をするようにしましょう。 エステサロンやクリニックでも確かに角栓を除去する施術は行われています。 しかし、自宅での方ほと比べると料金はとても高く感じてしまいます。
毛穴のたるみ
年齢を追うごとに、さまざまな部分がたるんでいきます。 特に気になるのが、毛穴のたるみではないでしょうか。
毎日の毛穴ケア
毛穴は一日ケアしただけでは改善しません。 日々のケアを徹底して、少しずつ改善をするようにしましょう。 そして、朝には朝の、夜には夜の適したケアを行う必要があります。
自宅でピーリング
ピーリングは、簡単に言うと「肌のターンオーバーを強制的に行う施術」です。 肌表面の角質などを除去し、毛穴改善、透明感アップ、ニキビ跡改善、シミ改善などさまざまな効果を実感することができるでしょう。
角質培養
角質培養って知っていますか。 培養とは菌や細胞を育てることをいいます。
眉間の毛穴
毛穴は顔のさまざまな部分にあります。 意外に見落としがちなのが、眉間の毛穴なのではないでしょうか。 毛穴が気になるというと第一に鼻。 第二に頬が気になりやすい部分だと思います。
角栓の詰まり予防法
角栓が毛穴に詰まると、どんどん肌荒れが悪化し、毛穴も目立ちやすくない、ニキビが出来てしまうかも知れません。 どうすれば角栓の詰りを予防することができるのでしょうか? まず重要なのが「絶対やってはいけないこと」です。
黒い毛穴
気になる黒い毛穴。 ついつい押し出してしまっていませんか? ちょっと押したら出そうだから…とピンセットや爪で押し出したくなってしまいますよね。
ニキビは遺伝?
気になるニキビ。 大人になってから急にできたという人もいれば、子供のころから頻繁に悩まされ続けてきた人もいます。
オロナイン
毛穴の黒さに悩んだときに活躍するのが、毛穴パックです。 即効性があり、自分では想像できないくらい角栓が取れるので癖になっている人も多いのではないでしょうか。 そんな毛穴パックに良いといわれているのが、オロナイン。
化粧下地
メイクの中でも一番大切なのが、下地なのではないでしょうか。 下地をしっかりとつけることで、その後のメイクのノリが変わる、モチが変わる、色合いが変わる。 だからこそ、きちんとメイクしたいのであればBBクリームやCCクリームに頼らずにきちんと下地からメイクをすることをおすすめします。
黒ずみと部位
ひじの黒ずみって本当に気になりますよね。 衣類の摩擦はもちろん、頬杖をついたり肘をよく机などに上に乗せる人には良く起こる現象だといわれています。 自分では見えないけれども、他人から見ると意外に目立つ肘。
化粧水
毛穴の悩みといってもいろいろありますよね。 大きな毛穴、黒い毛穴。 毛穴の広がりに感じても、横広がり、全体的に大きな広がり、頬、鼻など本当にさまざま。 そのため、毛穴の状態に合わせた化粧水を選ばなければいけません。
年齢別
赤ちゃんの肌はびっくりするほど艶々! 毛穴なんて一切見当たらない、潤っていてこれぞ毛穴レス肌!という感じですよね。 しかし、毛穴の数は大人も赤ちゃんもほとんど変わらないみたいです。
ニベア
安いのに高品質だと評判のニベア。 もともとはハンドクリームとして販売されている商品ですが、その効果の高さからスキンケアに使っている人もいるみたいですね。 化粧水の後ニベアで保湿をするだけで、ビックリするほどふかふかふっくらの肌になると評判です。
色素沈着
重曹でケア