角質培養

角質培養とは?

角質培養って知っていますか。

 

培養とは菌や細胞を育てることをいいます。

 

角質は除去するもの、古くなったものは剥がれ落ちるものという認識がありますよね。
そんな角質を育てると、どんな効果を実感できるのでしょうか。

 

確かに角質を除去することで肌は新しく生まれ変わります。
つるつるツヤツヤ、ニキビ跡やシミも、角質を除去することで少しずつ改善することができます。

 

しかし、肌を綺麗にするために角質を除去しすぎると、肌の表面が薄くなり過ぎてしまうのです。

 

肌を綺麗にするためにたくさんケアをしたり、ピーリングや毛穴パックを多用していると、角質層のバリア機能が低下して肌トラブルが起こりやすい状態となってしまうでしょう。

 

そこで行うべきなのが、角質培養なのです。

 

角質培養をすることで、バリア機能の低下した肌を改善することができるかも知れません。
他にも、薄くなった肌状態と改善したり、健康的な状態にすることができるでしょう。

 

角質培養は全ての人におすすめするべきことではありません。

 

炎症のような赤ニキビの跡がたくさんあるひとや、さまざまなスキンケアを試したけれども肌質が改善しなかった人、鼻の毛穴がなかなか治らない人に良い方法だといわれています。

 

なかなか肌質が改善しないという人は、角質培養をしてみてはいかがでしょうか?

角質培養の方法

角質培養のやり方は、とてもシンプルです。

 

元々、普段のクレンジングや洗顔、スキンケアで角質は少しずつ除去されていっています。

 

そのため、角質を育てるためには出来るだけケアをあまりしないことが大切です。
角質が薄くならないように、角質細胞を育てることが「角質培養」を行ううえでとても大切なことなのです。

 

必要最低限のケアをするだけで、角質培養は行うことができるでしょう。

 

 

まず、クレンジングは極力しないことが理想です。
そのため、角質培養の時はメイクも最低限にしましょう。

 

しかし、メイクをしない事は難しいですよね。

 

そこで、角質培養をしている間は出来るだけ薄化粧を心掛けるようにしましょう。

 

メイクが濃ければ濃い程、クレンジングもしっかりと行わなければいけないようになります。
クレンジングは一番角質を除去する行為です。

 

そのため、最低限のクレンジングで済む程度のメイクが好ましいのです。

 

 

洗顔をする時は、手やスポンジで擦らないように優しく洗うようにしましょう。

 

洗顔料も、刺激物も合成界面活性剤の含まれていない固形石鹸がベストです。

 

スクラブ入りの洗顔料は角質をどんどん除去してしまうので絶対にやめましょう。
もちろんピーリングも毛穴パックもいけません。

 

キメの細かい泡で優しく、肌を摩擦しないように洗顔をするだけで十分です。

 

もし水洗顔で十分洗浄できるのであれば、洗顔料を使わない水洗顔でも大丈夫でしょう。

 

角質培養を行っていくうちに、ターンオーバーも正常になり肌に油分や古い角質が溜らなくなります。

 

 

角質培養をしている最中のスキンケアも最低限にするようにしましょう。

 

しかし、保湿だけは欠かさず行うようにしましょう。

 

保湿ケアをすることで、セラミドを補うことができます。
角質層で水分保持を行うセラミドはバリア機能を高めるために欠かせない成分なのです。

 

 

角質培養をしている最中は、紫外線対策をしっかりと行うようにしましょう。

 

ベースメイクをする時は、紫外線対策効果を重視して選ぶと良いでしょう。

 

 

角質培養は、決して短期間では行うことはできません。

 

最低でも半年は続けるようにしましょう。

 

どんなに頑張っても生活をするうえで角質は減少していくので、育てることはとても大変なのです。

 

肌にダメージを与えないように気を付けて、肌に異常が生じたらすぐに皮膚科に行くようにしましょう。

 

角質培養をしている最中は美しい肌になることはできないかも知れません。

 

しかし角質培養は、経過ではなく最終的には美しい理想の肌を手に入れることができる期間なのです。

 

角質培養で一番大切なことは、根気よく取り組むことなのです。

誰にでもおすすめできるもの?

角質培養は肌を再生するためにとても良い事だといわれています。

 

しかし、角質培養にはデメリットもたくさんあります。
また、肌質によっては角質培養で肌改善効果を実感出来ないどころか、肌状態が悪化してしまう可能性もあるでしょう。

 

角質培養は、肌のお手入れをし過ぎている人が入念なケアを一時的に停止する行動です。

 

そのため普段からケア不足な人が実践をすると、ケアが足りずに肌荒れが生じる可能性もあるでしょう。

 

また、角質培養中は毛穴パックはもちろんピーリングやパック等のケアを行うことができません。

 

もし角質培養中に肌荒れが生じたとしても、対策を取ることができないでしょう。

 

肌質を改善する為に行う角質培養ではありますが、肌質によっては肌表面が油分過多状態になってしまう可能性があります。
もちろん過度の洗顔をすることはできないので、油分を落とし切ることはできずニキビが出来てしまう可能性があります。

 

角質培養は、普段からスキンケアもメイクもしっかりと行っていた人が肌に休息を与えるためにあります。

 

しかし急に休息を与えるとどんどん肌荒れが起きたり、肌質が悪くなってしまう可能性もあるのです。

 

角質培養による効果が出るには時間もかかりますし、すべての人が角質培養で美肌効果を実感できるという訳ではないでしょう。

 

美しい肌を作るためには角質培養意外にもさまざまな方法があります。

 

何をやってもどうしても肌質が改善しない場合は角質培養をやってもいいかも知れませんが、まずは他の方法から試してみた方が良いかも知れませんね。

リピート率No.1毛穴ケア・ビーグレン

関連ページ

洗顔
鼻の毛穴の黒ずみが気になる人に一番おすすめしたいのが「洗顔」です。 実は、洗顔をしっかりと行うだけでも十分鼻の毛穴の黒ずみを改善することができるでしょう。
毛穴の詰まりケア
鼻の毛穴が黒くなっている状態を「黒ずみが詰まっている」と形容しますよね。 しかしこの「黒ずみ」が何なのか知らない人も多いでしょう。
角栓
気になる毛穴の角栓は、毎日のケアで除去をするようにしましょう。 エステサロンやクリニックでも確かに角栓を除去する施術は行われています。 しかし、自宅での方ほと比べると料金はとても高く感じてしまいます。
毛穴のたるみ
年齢を追うごとに、さまざまな部分がたるんでいきます。 特に気になるのが、毛穴のたるみではないでしょうか。
毎日の毛穴ケア
毛穴は一日ケアしただけでは改善しません。 日々のケアを徹底して、少しずつ改善をするようにしましょう。 そして、朝には朝の、夜には夜の適したケアを行う必要があります。
自宅でピーリング
ピーリングは、簡単に言うと「肌のターンオーバーを強制的に行う施術」です。 肌表面の角質などを除去し、毛穴改善、透明感アップ、ニキビ跡改善、シミ改善などさまざまな効果を実感することができるでしょう。
眉間の毛穴
毛穴は顔のさまざまな部分にあります。 意外に見落としがちなのが、眉間の毛穴なのではないでしょうか。 毛穴が気になるというと第一に鼻。 第二に頬が気になりやすい部分だと思います。
角栓の詰まり予防法
角栓が毛穴に詰まると、どんどん肌荒れが悪化し、毛穴も目立ちやすくない、ニキビが出来てしまうかも知れません。 どうすれば角栓の詰りを予防することができるのでしょうか? まず重要なのが「絶対やってはいけないこと」です。
黒い毛穴
気になる黒い毛穴。 ついつい押し出してしまっていませんか? ちょっと押したら出そうだから…とピンセットや爪で押し出したくなってしまいますよね。
ニキビは遺伝?
気になるニキビ。 大人になってから急にできたという人もいれば、子供のころから頻繁に悩まされ続けてきた人もいます。
外出前にやるべきこと
毛穴ケアをしたいのなら日々のスキンケアから! 特に日中は毛穴が開くきっかけを作ってしまう時間です。 外出前にちょっとした毛穴ケアを行うだけでも、毛穴の開きを抑えることが出来るかもしれません。
オロナイン
毛穴の黒さに悩んだときに活躍するのが、毛穴パックです。 即効性があり、自分では想像できないくらい角栓が取れるので癖になっている人も多いのではないでしょうか。 そんな毛穴パックに良いといわれているのが、オロナイン。
化粧下地
メイクの中でも一番大切なのが、下地なのではないでしょうか。 下地をしっかりとつけることで、その後のメイクのノリが変わる、モチが変わる、色合いが変わる。 だからこそ、きちんとメイクしたいのであればBBクリームやCCクリームに頼らずにきちんと下地からメイクをすることをおすすめします。
黒ずみと部位
ひじの黒ずみって本当に気になりますよね。 衣類の摩擦はもちろん、頬杖をついたり肘をよく机などに上に乗せる人には良く起こる現象だといわれています。 自分では見えないけれども、他人から見ると意外に目立つ肘。
化粧水
毛穴の悩みといってもいろいろありますよね。 大きな毛穴、黒い毛穴。 毛穴の広がりに感じても、横広がり、全体的に大きな広がり、頬、鼻など本当にさまざま。 そのため、毛穴の状態に合わせた化粧水を選ばなければいけません。
年齢別
赤ちゃんの肌はびっくりするほど艶々! 毛穴なんて一切見当たらない、潤っていてこれぞ毛穴レス肌!という感じですよね。 しかし、毛穴の数は大人も赤ちゃんもほとんど変わらないみたいです。
ニベア
安いのに高品質だと評判のニベア。 もともとはハンドクリームとして販売されている商品ですが、その効果の高さからスキンケアに使っている人もいるみたいですね。 化粧水の後ニベアで保湿をするだけで、ビックリするほどふかふかふっくらの肌になると評判です。
色素沈着
重曹でケア