ニキビは遺伝?

ニキビが出来やすい体質は遺伝?

ニキビ 遺伝

 

気になるニキビ。

 

大人になってから急にできたという人もいれば、子供のころから頻繁に悩まされ続けてきた人もいます。

 

すぐにニキビができる人は常にニキビに悩まされた生活を送っているのではないでしょうか?

 

そんなニキビは遺伝するのか気になりますよね。
お母さんもお姉ちゃんもニキビができやすいし私もニキビに悩まされている、これって遺伝なのでは?!と思っている方もいるでしょう。

 

実は、ニキビ肌に遺伝はありません。

 

肌質は遺伝しますが、ニキビのできやすさに遺伝は関係ないのです。

 

確かに脂性肌、乾燥肌、敏感肌の人はニキビができやすいかもしれませんが、必ずニキビができるというわけではありません。
肌質が遺伝するだけで、ニキビができるかどうかは自分自身が原因の場合がほとんどでしょう。

 

そして、遺伝した肌質もスキンケア次第で改善をすることは可能です。
そのため、たとえ両親や兄弟姉妹がニキビができやすい体質でも、自分自身でニキビができにくい肌質に改善することはできるのです。

 

ニキビが遺伝の影響だと思われやすいのは、遺伝ではなく生活習慣が似通ってしまうからではないでしょうか。

 

ニキビができるのは、油分の多い食生活や夜更かし、肌の清潔感などが原因です。
一緒に暮らしている家族は生活習慣や食生活が似通ってしまうので、どうしてもニキビのできやすさも遺伝してしまいがちでしょう。

 

もし家族がニキビができやすいのであれば、まずは生活習慣から見直してみてはいかがでしょうか?
生活習慣や食生活を改善するだけでも、ニキビが治る場合もあるのです。

毛穴がもともと大きいのは遺伝?

気になる毛穴の大きさ。

 

毛穴が大きければそれだけ目立ちやすくなってしまいますし、当然皮脂なども詰まりやすくなってしまうでしょう。

 

実は、毛穴の広さは遺伝するといわれています。
毛穴の広さは男性ホルモン量が関係しており、ホルモンの量が多ければそれだけ毛穴も大きくなりやすいようです。

 

男性ホルモンの量は、母親から遺伝するといわれています。
そのため、父親ではなく、母親の毛穴の大きさが遺伝しやすいといえます。

 

また、男性ホルモン量が多いかどうかは指の長さで判断できるという説もあるのです。

 

人差し指よりも薬指が長いと男性ホルモンが多く、逆に人差し指の方が長いと女性ホルモンの量が多いといわれています。
そのため、薬指のほうが長い人は毛穴が大きい人が多いかもしれませんね。

 

これはあくまで一説によるものであり、ホルモン量が確実に遺伝するというわけではありません。
しかし、遺伝する可能性があり、親の毛穴の大きさと同じくらいだという人も多いというだけです。

 

開いてしまった毛穴を閉じることは難しいですが、毛穴に皮脂や汚れが入り込みにくくすることはできます。
もし毛穴が広いと感じる場合は、人一倍スキンケアを頑張るようにしましょう。

リピート率No.1毛穴ケア・ビーグレン

関連ページ

洗顔
鼻の毛穴の黒ずみが気になる人に一番おすすめしたいのが「洗顔」です。 実は、洗顔をしっかりと行うだけでも十分鼻の毛穴の黒ずみを改善することができるでしょう。
毛穴の詰まりケア
鼻の毛穴が黒くなっている状態を「黒ずみが詰まっている」と形容しますよね。 しかしこの「黒ずみ」が何なのか知らない人も多いでしょう。
角栓
気になる毛穴の角栓は、毎日のケアで除去をするようにしましょう。 エステサロンやクリニックでも確かに角栓を除去する施術は行われています。 しかし、自宅での方ほと比べると料金はとても高く感じてしまいます。
毛穴のたるみ
年齢を追うごとに、さまざまな部分がたるんでいきます。 特に気になるのが、毛穴のたるみではないでしょうか。
毎日の毛穴ケア
毛穴は一日ケアしただけでは改善しません。 日々のケアを徹底して、少しずつ改善をするようにしましょう。 そして、朝には朝の、夜には夜の適したケアを行う必要があります。
自宅でピーリング
ピーリングは、簡単に言うと「肌のターンオーバーを強制的に行う施術」です。 肌表面の角質などを除去し、毛穴改善、透明感アップ、ニキビ跡改善、シミ改善などさまざまな効果を実感することができるでしょう。
角質培養
角質培養って知っていますか。 培養とは菌や細胞を育てることをいいます。
眉間の毛穴
毛穴は顔のさまざまな部分にあります。 意外に見落としがちなのが、眉間の毛穴なのではないでしょうか。 毛穴が気になるというと第一に鼻。 第二に頬が気になりやすい部分だと思います。
角栓の詰まり予防法
角栓が毛穴に詰まると、どんどん肌荒れが悪化し、毛穴も目立ちやすくない、ニキビが出来てしまうかも知れません。 どうすれば角栓の詰りを予防することができるのでしょうか? まず重要なのが「絶対やってはいけないこと」です。
黒い毛穴
気になる黒い毛穴。 ついつい押し出してしまっていませんか? ちょっと押したら出そうだから…とピンセットや爪で押し出したくなってしまいますよね。
外出前にやるべきこと
毛穴ケアをしたいのなら日々のスキンケアから! 特に日中は毛穴が開くきっかけを作ってしまう時間です。 外出前にちょっとした毛穴ケアを行うだけでも、毛穴の開きを抑えることが出来るかもしれません。
オロナイン
毛穴の黒さに悩んだときに活躍するのが、毛穴パックです。 即効性があり、自分では想像できないくらい角栓が取れるので癖になっている人も多いのではないでしょうか。 そんな毛穴パックに良いといわれているのが、オロナイン。
化粧下地
メイクの中でも一番大切なのが、下地なのではないでしょうか。 下地をしっかりとつけることで、その後のメイクのノリが変わる、モチが変わる、色合いが変わる。 だからこそ、きちんとメイクしたいのであればBBクリームやCCクリームに頼らずにきちんと下地からメイクをすることをおすすめします。
黒ずみと部位
ひじの黒ずみって本当に気になりますよね。 衣類の摩擦はもちろん、頬杖をついたり肘をよく机などに上に乗せる人には良く起こる現象だといわれています。 自分では見えないけれども、他人から見ると意外に目立つ肘。
化粧水
毛穴の悩みといってもいろいろありますよね。 大きな毛穴、黒い毛穴。 毛穴の広がりに感じても、横広がり、全体的に大きな広がり、頬、鼻など本当にさまざま。 そのため、毛穴の状態に合わせた化粧水を選ばなければいけません。
年齢別
赤ちゃんの肌はびっくりするほど艶々! 毛穴なんて一切見当たらない、潤っていてこれぞ毛穴レス肌!という感じですよね。 しかし、毛穴の数は大人も赤ちゃんもほとんど変わらないみたいです。
ニベア
安いのに高品質だと評判のニベア。 もともとはハンドクリームとして販売されている商品ですが、その効果の高さからスキンケアに使っている人もいるみたいですね。 化粧水の後ニベアで保湿をするだけで、ビックリするほどふかふかふっくらの肌になると評判です。
色素沈着
重曹でケア