化粧下地

毛穴をきゅっと引き締める下地の付け方

化粧下地

 

メイクの中でも一番大切なのが、下地なのではないでしょうか。

 

下地をしっかりとつけることで、その後のメイクのノリが変わる、モチが変わる、色合いが変わる。

 

だからこそ、きちんとメイクしたいのであればBBクリームやCCクリームに頼らずにきちんと下地からメイクをすることをおすすめします。

 

そして、下地を塗る前のケアもとても重要です。

 

下地前に、しっかりと化粧水で補給をして肌を冷やすようにしましょう。

 

下地を塗る前に肌をきっちりと整えておけば、毛穴をきゅっと引き締まったまま一日の肌が決まります。

 

そして、毛穴を埋めるような下地は一長一短です。

 

下地の中には毛穴を埋めて毛穴レス肌を作ることが出来る商品もありますが、そういった下地は毛穴が呼吸をすることが出来ず肌に負担がかかってしまうでしょう。

 

確かに肌には良いかもしれませんが、よく考えたうえで使うようにしましょう。

 

 

下地よりも大切な普段のスキンケア

 

確かに化粧下地である程度毛穴を隠すことは可能です。

 

メイク次第では毛穴レス肌を作ることも難しくはないので、ついついメイクにばかり頼ってしまいますよね。

 

けれども、それではすっぴん状態の毛穴がどんどん汚く、黒く、広がってしまいます。

 

素肌に目を背けずに、何も塗らない状態でも毛穴レス肌を目指すようにしましょう。

 

普段から綺麗な毛穴状態であれば、化粧下地を何度も重ね、メイク前にしっかりと肌を冷やす手間もかかりません。

 

ただ軽くファンデーションを重ねるだけでも驚くほど綺麗な肌を作ることが出来るのです。

リピート率No.1毛穴ケア・ビーグレン

関連ページ

洗顔
鼻の毛穴の黒ずみが気になる人に一番おすすめしたいのが「洗顔」です。 実は、洗顔をしっかりと行うだけでも十分鼻の毛穴の黒ずみを改善することができるでしょう。
毛穴の詰まりケア
鼻の毛穴が黒くなっている状態を「黒ずみが詰まっている」と形容しますよね。 しかしこの「黒ずみ」が何なのか知らない人も多いでしょう。
角栓
気になる毛穴の角栓は、毎日のケアで除去をするようにしましょう。 エステサロンやクリニックでも確かに角栓を除去する施術は行われています。 しかし、自宅での方ほと比べると料金はとても高く感じてしまいます。
毛穴のたるみ
年齢を追うごとに、さまざまな部分がたるんでいきます。 特に気になるのが、毛穴のたるみではないでしょうか。
毎日の毛穴ケア
毛穴は一日ケアしただけでは改善しません。 日々のケアを徹底して、少しずつ改善をするようにしましょう。 そして、朝には朝の、夜には夜の適したケアを行う必要があります。
自宅でピーリング
ピーリングは、簡単に言うと「肌のターンオーバーを強制的に行う施術」です。 肌表面の角質などを除去し、毛穴改善、透明感アップ、ニキビ跡改善、シミ改善などさまざまな効果を実感することができるでしょう。
角質培養
角質培養って知っていますか。 培養とは菌や細胞を育てることをいいます。
眉間の毛穴
毛穴は顔のさまざまな部分にあります。 意外に見落としがちなのが、眉間の毛穴なのではないでしょうか。 毛穴が気になるというと第一に鼻。 第二に頬が気になりやすい部分だと思います。
角栓の詰まり予防法
角栓が毛穴に詰まると、どんどん肌荒れが悪化し、毛穴も目立ちやすくない、ニキビが出来てしまうかも知れません。 どうすれば角栓の詰りを予防することができるのでしょうか? まず重要なのが「絶対やってはいけないこと」です。
黒い毛穴
気になる黒い毛穴。 ついつい押し出してしまっていませんか? ちょっと押したら出そうだから…とピンセットや爪で押し出したくなってしまいますよね。
ニキビは遺伝?
気になるニキビ。 大人になってから急にできたという人もいれば、子供のころから頻繁に悩まされ続けてきた人もいます。
外出前にやるべきこと
毛穴ケアをしたいのなら日々のスキンケアから! 特に日中は毛穴が開くきっかけを作ってしまう時間です。 外出前にちょっとした毛穴ケアを行うだけでも、毛穴の開きを抑えることが出来るかもしれません。
オロナイン
毛穴の黒さに悩んだときに活躍するのが、毛穴パックです。 即効性があり、自分では想像できないくらい角栓が取れるので癖になっている人も多いのではないでしょうか。 そんな毛穴パックに良いといわれているのが、オロナイン。
黒ずみと部位
ひじの黒ずみって本当に気になりますよね。 衣類の摩擦はもちろん、頬杖をついたり肘をよく机などに上に乗せる人には良く起こる現象だといわれています。 自分では見えないけれども、他人から見ると意外に目立つ肘。
化粧水
毛穴の悩みといってもいろいろありますよね。 大きな毛穴、黒い毛穴。 毛穴の広がりに感じても、横広がり、全体的に大きな広がり、頬、鼻など本当にさまざま。 そのため、毛穴の状態に合わせた化粧水を選ばなければいけません。
年齢別
赤ちゃんの肌はびっくりするほど艶々! 毛穴なんて一切見当たらない、潤っていてこれぞ毛穴レス肌!という感じですよね。 しかし、毛穴の数は大人も赤ちゃんもほとんど変わらないみたいです。
ニベア
安いのに高品質だと評判のニベア。 もともとはハンドクリームとして販売されている商品ですが、その効果の高さからスキンケアに使っている人もいるみたいですね。 化粧水の後ニベアで保湿をするだけで、ビックリするほどふかふかふっくらの肌になると評判です。
色素沈着
重曹でケア