鼻の毛穴が黒い!

鼻の毛穴が黒くなる理由

鼻の毛穴 黒い

 

鼻の毛穴の黒ずみ、凄く気になりますよね?
一度黒ずみが出来てしまうと、なかなか取れることはありません。

 

なぜ毛穴が黒くなってしまうのでしょうか?

 

黒ずみにはさまざまな理由があります。

 

たとえばうぶ毛です。

 

毛穴は毛が生えている穴です。
そのため、うぶ毛もどんどん生えてくるでしょう。

 

黒ずみの原因は角栓だといわれていますが、実は産毛が原因で黒ずんで見えてしまう場合もあるのです。

 

特に、小鼻辺りはうぶ毛で黒くなりやすい部分といってよいでしょう。

 

もし産毛で黒ずみが出来ている場合は、毛穴パックや洗顔では改善をすることはできません。

 

そのため無駄毛を処理する習慣を付けましょう。
もしかしたら断面図で濃くなって見えるかもしれませんが、定期的なケアをしていれば、綺麗な状態を保つことができます。

 

 

日焼けの色素沈着が原因で黒ずみが出来てしまう場合もあります。

 

肌は紫外線によるダメージを受けると肌を守るためにメラニン色素を生成します。

 

これが日焼けや黒ずみの元となってしまうのです。

 

また、紫外線だけではなく肌を擦るなどの刺激でメラニン色素が生成される場合もあります。

 

肌にざらつきがない場合は、色素沈着が原因の黒ずみの場合が多いのではないでしょうか。

 

毛穴がボコッとしている場合は、角化異常が原因だといわれています。

 

これは、毛穴周辺組織が変形してしまい毛穴がまるでクレーターの様になってしまった状態のことを言います。

 

他の黒ずみに比べて、角化異常が原因で出来た黒ずみはボコボコとしている様に見えてしまうでしょう。

 

角化異常は、30代以降の男性に特に多い症状だといわれています。

 

角化異常が起こるのは、肌の乾燥や過剰な油分の分泌だといわれています。

 

男性は女性に比べて油分過多な人が多く、年齢を追うごとにどんどん肌表面の油分量が増えていくでしょう。

 

そのせいで、角化異常になってしまうのです。

 

自分の黒ずみの原因を知ることで、対処方法もわかるようになるのではないでしょうか。

 

毛穴の黒ずみに悩むのは20代〜30代

毛穴の黒ずみは幅広い年齢の人が悩まされています。

 

特に悩みが多いのは、20代から30代の人なのではないでしょうか。

 

10代でも、黒ずみが悪化してしまっている人もいます。

 

しかし10代はホルモンバランスが不安定な時期なので、どうしても肌荒れが起こってしまうのでしょう。

 

10代の方は、ニキビが原因で黒ずみが生じやすいといわれています。

 

また、若いからこそ皮脂分泌が不安定で開いた毛穴に皮脂が入り込みやすいともいわれています。

 

肌を清潔にし、バランスの摂れた食生活を送るだけでも十分、10代の黒ずみは改善をすることができるのです。

 

 

しかし20代30代の黒ずみの原因は違います。

 

20代30代の方は、ケア不足が原因で出来る場合が多いといわれているのです。

 

20代30代になると仕事も忙しくなり、なかなかスキンケアに構うことができなくなってしまいますよね。

 

また、さまざまなスキンケアを試す時期でもあるでしょう。

 

そのため、間違ったスキンケア、肌に合わないスキンケアのせいで肌荒れや黒ずみが生じてしまうのです。

 

自分に合わないスキンケアや不足気味のスキンケアはもちろん、過度なスキンケアをしていても黒ずみが出来る可能性もあります。

 

10代は自分ではどうしようもないことが原因の黒ずみですが、20代30代は自分自身が原因で起こる黒ずみがほとんどなのではないでしょうか。

 

30代になると、年齢が原因でさらに黒ずみが出来易い状態になるともいわれています。

 

20代のころの間違ったスキンケアに加え、肌が加齢したせいで水分不足になり、黒ずみも出来易い状態になってしまうのでしょう。

 

肌の弾力を保つ為にはコラーゲンやエラスチン等の成分が必要ですが、これらの成分が減少し肌がたるむと、毛穴もたるみやすくなってしまうのでしょう。

 

20代30代は、日頃のスキンケアの影響がどんどん肌に現れる時期です。

 

ケア次第で綺麗に出来る毛穴だからこそ、20代30代の人が悩むことが多いのではないでしょうか。

鼻の黒ずみを消す洗顔とその後のケア方法

気になる毛穴の黒ずみを消す為には、正しい洗顔方法を行い、その後のスキンケアを徹底する必要があります。

 

まずは洗顔方法について説明をいたします。

 

洗顔をするうえで一番大切なことは「洗顔料の選び方」です。

 

黒ずみを改善する為には、洗浄力が強くてスクラブ等の入った、しっかりと洗える洗顔料が一bなんだと思っていませんか?

 

実は、黒ずみを消す為には洗浄力の強すぎる洗顔料はNGなのです。

 

黒ずみは、肌への刺激が原因で出来る場合もあります。
洗顔は肌への負担が大きいので、毎日負担のかかる洗顔ばかりしているとどんどん黒ずみが悪化してしまうでしょう。

 

肌に優しい洗顔料でも、丁寧に洗えば十分黒ずみの原因となる汚れを落とすことができます。

 

また、洗い過ぎによる油分過多も防ぐことができるでしょう。

 

肌の為にも、洗い過ぎを防ぎ、肌に優しい洗顔料を使うようにして下さい。

 

もし洗っても油分が残っている様な気がするという場合は、すすぎを増やしてみてはいかがでしょうか。

 

すすぎなら必要以上に肌に負担をかけることはありませんし、丁寧にすすぐことは洗顔をするうえでとても大切な事です。

 

しっかりとすすぎ、洗顔料を残さないように洗うようにして下さい。

 

朝洗顔をする時は、水のみの洗顔でも十分です。

 

 

洗顔料を使うときは、たっぷり泡立てて使うようにしましょう。

 

洗顔の基本といえば、泡洗顔です。

 

最近は簡単に泡立てることができる泡立てネットも売っているので、泡を作るのも難しくはありまえんよね。

 

泡で肌を滑らせるように、優しく洗うのが洗顔の基本です。

 

また、顔全体をくまなく洗うようにしましょう。

 

洗浄力の強い洗顔料はおすすめ出来ませんが、洗浄力の弱すぎる洗顔料を使っていても黒ずみを改善することはできません。

 

適度な洗浄力の洗顔料を使い、しっかりと洗うようにして下さい。

 

泡だてるのが面倒という場合は、泡立て不要の洗顔料を使って見てはいかがでしょうか。

 

もともと泡で出てくるタイプの商品もありますし、泡立てずに使うタイプの洗顔料もあります。

 

 

黒ずみが気になる人はついつい重点的に洗ってしまうかもしれませんが、極力触れないようにして洗いましょう。

 

適度にさっと擦る程度なら良いかもしれませんが、黒ずみをかきだすように、ごしごしと洗うことはおすすめ出来ません。

 

手で書きださなくても、ターンオーバーが行われれば自然と汚れは落ちていきます。

 

触らずにターンオーバーで汚れは落とすようにしましょう。

 

手で腰ってしまうと、色素沈着してしまう可能性もあるのです。

 

 

そして、一番大切なことは「毎日しっかりと洗顔をすること」です。

 

疲れて帰ってきた日等は、ついつい顔を洗わずに眠ってしまう場合もありますよね。

 

しかし、洗顔をせずに眠ると汚れが酸化し、黒ずみがどんどん悪化してしまうのです。

 

たとえ軽い水洗顔だけでも肌表面に就いた汚れをしっかりと洗い流すことができます。

 

黒ずみは、少しケアを怠るだけでもどんどん悪化してしまうのです。

 

軽くでも良いので、毎日洗顔をする習慣を心掛けて下さい。

 

 

また、洗顔後のケアもとても大切です。

 

人によっては洗顔だけでも十分黒ずみを改善することはできますが、やはりその後のケアも徹底した方が、早く黒ずみを改善することができるでしょう。

 

洗顔後は、出来るだけ早く水分補給をするようにして下さい。
タップリと化粧水をつけることで、肌の水分補給となります。

 

洗顔後は乾燥しやすくなっているので、出来るだけ早く化粧水を付けなければいけません。

 

そのままの状態にしておくと、肌の乾燥が悪化し黒ずみも治り難くなってしまうでしょう。

 

肌表面の油分が原因で黒ずみが出来ている人もいるかも知れませんが、水分不足の状態でも肌表面は油分過多になってしまいます。

 

肌の為にもしっかりと水分補給をしなければいけないのです。

 

化粧水だけではなく、乳液やクリームでの保湿も重要です。

 

化粧水だけでは十分な保湿をすることはできません。

 

きちんと最後までスキンケアを行い、肌を保湿するようにしましょう。

 

洗顔同様、スキンケアでも肌を擦ってはいけません。
優しく丁寧に、気になる肌もさらっと触れるようにスキンケアをしましょう。

 

正しい洗顔を行い、丁寧にスキンケアをすれば次第に黒ずみも改善できるのではないでしょうか。

リピート率No.1毛穴ケア・ビーグレン

関連ページ

鼻の毛穴が大きい!
毛穴って気になりますよね。 特に肌の毛穴は目立ちやすく、広がりやすいでしょう。
鼻の脂
顔の中でも特に油分が気になるところといえば、鼻ですよね。 鼻、特に小鼻はすぐに油分が出て来てしまうでしょう。
いちご鼻
いちご鼻とは、黒ずみが目立ち、まるでいちごの様のぼつぼつが出来てしまっている鼻のことをいいます。 鼻は顔の中心にある部分なので、いちご鼻になるととても目立つでしょう。 自分自身でも気になってしまいますし、メイクではなかなか隠すことができませんよね。